*ガレット・デ・ロワ*販売開始です

新年のお菓子、ガレット・デ・ロワの販売を開始いたします。

 

ガレット・デ・ロワは1月6日の公現祭(東方の三博士により幼子イエスが見いだされたことを記念して、キリストの誕生を祝う日)に近い1月の日曜日に友人などを招いて家族みんなで食べる、フランスの代表的な焼き菓子です。ガレットの中には小さなフェーブ(陶器のミニチュア)がひとつ入っています。このフェーブが入ったひと切れが当たった人は、その日一日王様となり、この日集まった人たちは皆この王様の言うことを何でも聞かなければなりません。
*ひみつのひとさじ*のガレットは、香りのよい発酵バターを何度も折り返し半日かけて作る、サクサクのパイ生地です。なかには濃厚なアーモンドクリームがたっぷり入っています。
そして、フェーブを集めるのが趣味の店長がフランスから取り寄せた、唯一のフェーブをお入れします。店長のお気に入りのフェーブをお入れしますので、是非コレクションしてくださいね。
今年の図柄は、新しい年のはじめに縁起の良い月桂樹をモチーフにしています。

 

お届けは1月9日以降となります。1月31日までの限定販売のお菓子です。

 

ひみつのひとさじ 店長  mariko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です